時々漫画など描かせて頂いておりましたが
ただいまお休みがち&ひよこママ中

いち主婦の日記

 






スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
知ろうとすること。
お久しぶりです。
本当に随分とご無沙汰をしてしまいました。


先日読んだ本の内容から、ふとこのブログの情報が2011年当時のままになっている事と思い出し、
そんなに見て下さってる方もいないでしょうが、自分の気持ちの問題で、更新しようと思いました。


読んだ本は、早野龍五さんと糸井重里さんの共著


「知ろうとすること。」です。




事故直後の不安要素が強く残ったまま、
自分の中の情報が2011年当時のまま更新されていない人は結構いらっしゃるのではないかと思います。

私もそうでした。


てもこの本を読んだら、闇雲に子供を守らねば!
と気を張っていたのが、すこし軽くなりました。


2014〜2015年現在、原発事故直後に心配された放射能の内部被曝の問題は、予測を大幅に下回り、
(まだ一部データが出揃っていないものを除いてはほぼ)人体に影響がない事がわかっているそうです。


「デマとか間違った情報というのは、
福島ではありえないような高い線量のケースを引き合いに出していて、
それをあたかも福島で起こりうるかのように言っているんです。

それは、2011年の早い段階では、仕方がないケースもあったかもしれない。
ショッキングな警告としての役目はあったのかもしれない。
それは、ぼくは否定しません。

だけれども、ここまでの時間が過ぎて、これだけのデータが出そろって、
線量の低さも非常に明確に伝わってきた。

この今の段階で、そういう話をするのは、ありえないしありえないと思う」



この一文で、例え多くの人が見ていないとはいえ、自分が発信したものにけじめをつけなくてはいけないと思いました。

以前の不安に溢れた記事は、消そうかとも思いましたが、
当時赤ん坊を抱え思い悩んだ日記として、個人的にとってあります。

ですが、事故当時のものとはいえ、今では誤情報です。
廃墟ブログですが、見て傷付く方、
ストレスになる方がいる可能性が少しでもある以上、以前の記事は非公開とさせて頂きました。

もっと早くに気づけばよかったのですが、申し訳ありません。


長男は元気に幼稚園へ通っております。
次男も生まれ、2男児育児に奔走しております。
食の心配が無くなってよかった。
福島のものが食べられるのは本当に嬉しい。

「知ろうとすること。」


あとコチラもおすすめ

柘植 文(つげ あや)の「おいしい福島紀行」











こども comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>