時々漫画など描かせて頂いておりましたが
ただいまお休みがち&ひよこママ中

いち主婦の日記

 






スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ちひろ美術館に行った



3連休に入る前に児童館でもらってきた息子の風邪は病院で診てもらって
一日で完治したのですが、もれなく私にもうつっております。
連休が明けてから症状が出た。
もうろうとしながら、息子が寝ている隙に書いております。

おまえも寝ろという感じですが、感動したり思ったりしたことを書き留めておきたく。。


きのう(風邪潜伏期)、いわさきちひろ美術館へいってきました。


うちは図書館が近くにあって、よく息子に絵本を借りに行っているんですが、
そこで本当に久しぶりにちひろさん&松谷みよ子さんの絵本を目にして、
「あー大好きだった!」と一瞬にして小さい頃の気持ちを思い出してからというもの、
美術館に行きたいなーとずっと思っていたのでした。

なんだかんだ行きあぐねていたんですが、
ちひろのあかちゃん」という展示がやっている内に、どうしても見くたて
きのうようやく行ってきました。


小さい頃はおやゆびひめの絵が大好きだったんですが、
それはもう女の子の夢というかファンタジーな世界への憧れ、
単純にきれい〜という気持ちで。

大人になって改めて見て、そのデッサン力表現力のすばらしさにため息しか出ない…
あかちゃんに触れたことのあるひとなら、一目見たら
そのほよほよした感触がよみがえってくるんじゃないかというくらいの力。
技術的なことは詳しくわからないですが、なにしろ感動しました。

わたしはもちろん息子を重ねて見るんですが、似ていると思うし
甥や姪の小さい頃にも似ていると思った。
自分の知っていろあの子に似ている、らしいです。
なんだそれ、すごいな。


特に今は母の目線にもなっているので
ちひろさんのこどもを描く暖かいきもちに二重にも三重にも感動。



うろおぼえだけど、
「平和で暖かく美しいものが好きで、それを子供たちから奪う存在に強く憤りを感じます」
という感じの記述があった。
ベトナム戦争について語ったのだろうけど、いつの時代にも通じる言葉と思う。


子を想う親だけじゃなく、弱い者を守ろうという気持ちは誰にでもあって、
それがある限りどんな世の中になっても信じたいものだ…

と、買ってきたちひろさんの文庫画集を見ながらおもった。



病床、最期にこの子の瞳を描き入れて絶筆…という絵も見てきました。
子供時代あんなに見ていたのに、私が生まれる前には亡くなっていたんだなあ…


作品は作者の人生を考えて見るものではないけど、にじみ出ますよね。


「子供は、すべてが未来じゃないですか」

という言葉がしみた。






*****************

ちひろ美術館
〒177-0042 東京都練馬区下石神井4-7-2
TEL:03-3995-0612 / テレフォンガイド:03-3995-0820

館内には綺麗なカフェやプレイスペースもあって、
子連れでもゆっくり楽しめます。おすすめです。


買ってきたりんごと天使のミニアートを写して載せようと思ったんですけど
もうわたしの携帯のカメラ、息も絶え絶えでぼやけてばかり…
なので、上の画像はHPからお借りしてきました。




風邪… 自力で治して、薬代を画集にあてようと内緒で思っている





こども comments(4) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








初めまして。ふと「PARTY パーティー」を読み返していて「作者の方は今どうしてるのだろう」と思い検索したらここにたどり着きました。今更ですがマンガの絵が大変に好みで面白かったですよ!
もうご結婚してお子さんも居て驚きました(^_^;)

私も北国ですが原発も近く実家が有る地域は大間原発がすぐ海の向こうで建設中なのでとても人事ではありません。また姪もほぼ一歳児で
東京にいます。

知人の元原発関係者は呑気というかいまだに安全説を繰り返し被曝の心配は心因性と言ってのけるぐらいです。
はっきり言いまして原発で働いていると軽い洗脳に遭うのです。危険説を言い出す雰囲気なんかありませんし社員の福利厚生の凄さ、待遇の良さ、また高給を前にしては安全が霞んでしまうのは当然なのです。

なんだか変な内容ですみませんm(__)m

またマンガを書いて欲しいなぁと思ってます。1ファンとして気長に待ってます。どうかお体をお大事に。失礼します。
from. 道人 | 2011/09/24 15:50 |
☆道人さま

はじめまして内田です。
わわ、PARTYを読んでくださっていたのですか…!どうもありがとうございます!!
こちらではあまりご感想など直接頂くことが少なかったもので、すごくうれしいです〜!

ご覧のとおり、今はごく私的なブログと化してしまっているのですが、最近の記事についての
コメント、ありがとうございます…!ひとりでブツブツ言ってる感があったので^^;、とても勇気がでました〜。

大間原発…青森ですよね。姪御さんも東京…1歳だと、うちの息子と同い年です。
東京も西と東では線量もだいぶ違うし、高いからといってじゃあ引っ越そうかとそう簡単にできるものではないし…
私の場合はそのあたりも含め子供の内部被曝の問題、農作物の問題から始まり、
根本の事故の責任、放射性廃棄物の問題、原子力ムラの利権絡みの構造…というふうに追ってきましたけど
多分子供の食べ物の事だけを調べるって無理なんです。付随して色々な情報が入ってくると思うんですよね。

道人さんのように考えている方がたくさんいらっしゃり、私のように子供を起点に知ってゆく親が増え、
そうして何か変わってゆけばいいな…と思うのです。そこはまた方法を考えつつ…

と、なんだか語りすぎてしまいましたが^^;

漫画、そう言っていただけてとても嬉しいです…(T∇T)
お仕事の記事も書けるようにがんばります〜!
from. うっちー | 2011/09/27 13:55 |
お返事があるなんてΣ(´∀`;)!なにかとても嬉しいです。
姪っ子は元気なようです♪
現在、被曝や原発の問題意識を持つ人は増えています。お一人の囁きが大事なはずです。
一人ではないですよ!
しかしこんな事を心配するなんて子供の頃には想像もできませんでした・・・90年代に青春だった私からすれば不景気や今の現状は悪夢としかいえません。
被ばく線量、汚染に関して東京でも温度差があるのが不思議でなりませんがそれは日本的に、民族的な事象で普通の事なんでしょうかね?忘れっぽいという困った習性が(^_^;)
毎日、不思議に思うのですが地震や台風の時、各報道機関は事細かに、特にNHKは深夜でも情報を流し続けます。今も記憶に残る昭和天皇崩御、阪神大震災の時etc,et・・・なぜ、「今日の福島第一」や「本日の放射線量、及び風向き」を流さないのか?
これをしないのは台風進路を出さない気象庁、インフルエンザ流行情報を出さない厚生省みたいなもんなのでは?と思ってもます。
ま、電力の元締め通産省が出すわけないんですがねw

なんか舞い上がってしまい長々とすいませんm(__)m

ただもう安全に気をつけてるはずでしょうが一応リンクを↓
      http://www.ja-tohma.jp/special/imazurimai.html

福島より距離がありしかも精米保存ではないお米です。札幌よりは北なので大丈夫かと・・・
もう一つ説明のリンクもhttp://shop.gnavi.co.jp/kitanomori/toma05k02-00014/

お米の美味しい場所出身の方には釈迦に説法ですかね?

なにか差し出がましい感じですみません。どうかお元気で。失礼致しました。
from. 道人 | 2011/09/29 21:34 |
☆道人さま

わあΣ(゚□゚;ずいぶんレスが遅れてしまいました、失礼しました!
色々情報をありがとうございます。
新しい記事で詳しく書いたのですが、実家の米が
とりあえず大丈夫ということで、でもいつも後出しで
なんやかやわかるご時勢なので、何かあった際には
利用させていただきます〜。

>インフルエンザ流行情報を出さない厚生省みたいなもん
って、同感です。
マスコミはもう…。これに関しても憤懣やるかたない色々を
感じますが、これ以上考えてることを書いてしまうと
ただでさえ長い文章が、収拾つかなくなるので(´∇`;)
記者クラブこのやろう!とだけ書いておきますw

姪っ子ちゃんが元気なことが何よりですね〜!
子供を守れる世の中に、大人ができなくてどうするという話です。
人として基本中の基本、これに尽きます。。
ご意見ありがとうございました!力がわきます!
道人さんもどうかお元気で〜!
from. うっちー | 2011/10/28 22:43 |
<< NEW | TOP | OLD>>